日本史クイズ

gooゲーム

The 連打



ザ・トゥルース・オブ・アス(涙のくちづけ)(紙ジャケット仕様)
80年発表、デヴィッド・ポメランツの4thアルバム『涙のくちづけ』。
今回紙ジャケット仕様で世界初CD化された本作。
紙ジャケはE式シングルジャケット。内袋付き。
内容としてはまさに極上のAORで、
今までCD化されていなかったのが信じられないほどの名盤です。

本作収録の「オールド・ソング」はフジテレビ系ドラマ『成田離婚』で
挿入歌として使われていたので、聴いたことのある方も多いはずです。
また、何よりそのドラマでは本作のLP盤が重要な役割を持ったアイテムとして
物語の中にたびたび登場しました。

そのため、ドラマを観た方は本作のジャケットを見ただけでピンと来たはず。
私も以前そのドラマを観ていたので先日店頭で本作を見かけた際、
“あれっ?このジャケはもしや‥‥?”と思い、即買いしてしまいました(笑)

また、今回歌詞をじっくり読んでみて「オールド・ソング」の歌詞が
『成田離婚』のストーリーにマッチしたものだったことをはじめて知りました。

“火の灯ったキャンドル。冷えたグラス。”

“やり直すチャンスが欲しい。
 でも、もし僕の思惑だけで彼女の心の扉が開かなかったら、
 あの頃の思い出のシングル盤をかけてみよう‥‥。”

“どうして僕らは別れたのか。
 あの頃の歌があの頃の記憶を呼び戻してくれたら
 彼女は僕とやり直す気になってくれるかもしれない。”

ドラマを観た方なら、二人がマンションを去る最後の夜に
このLPをかけながらグラスを飲み交わす場面がすぐに浮かぶと思います。

「オールド・ソング」1曲のためでも十分買う価値はありますが、
他の曲もそれに負けないほど美しいバラードや、ポップなロックなど聴き所は満載です。
買ってまだ数日ですが、個人的にはボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』と並ぶ、お気に入りのAORアルバムです。
音質も素晴らしいので、買って損はない作品だと思います。おすすめです。

 

ゴールデン・ベスト
 歌:柴田恭兵、作詞:田中康夫、作曲:近田春夫。いまとなっては100パー考えられない組み合わせである。三者三様の汚点、消し去りたい過去かもしれない。
 小説同様、歌詞に註釈が付いてる。レイニー・デイ、グルーミー、ハップハート、メディタレイニアン・バー、ファラ・ガール、アフェアー、アーバン・デイ、ステディ...もういいってか?小説でさえ過剰に思えた康夫ちゃんの世界観が2'46"に余すところなく投入されていて、大爆笑である。
 小説が1981年1月、このイメージソングが4月、映画が5月だから、田中康夫はあっという間に時代の寵児になった訳だ。売れ始めたばかりの新人作家で、イメージソングを作るってだけで有頂天だっただろう。あと半年経ってたら、田中康夫が柴田恭兵の宝焼酎「純」のコマソンにGO出し、しているはずがない。
 柴田恭兵は1979年のTBSドラマ「赤い嵐」で思いっきりメジャーになるとともに、思いっきりダサイ存在にもなっていた。“何やってんだい、しのぶちゃん”とミュージカルノリで能勢慶子に絡むアレである。柴田恭兵は、それはそれで味もありファンもついてた訳だが、「なんクリ」は柴田恭兵のイメージとオーバーラップする部分はほとんどなく、ファンにとっても???だったのではないか。
 近田春夫はこの年、ぼんちで当てていた。とにかく何でもこなしておこう、という時期だったのではないか。全体としては当時の近田テイストの曲だし、後年CMで才能を発揮しているように、サビは非常に耳に残るものになっている。でも当然詞先だろうこの詞と、柴田恭兵のキャラ、歌手としての個性...手に負えるシロモノではない。
 まあ20年後の柴田恭兵は予想ができたとしても、近田春夫がテクノ・トランスの人になってたり、ましてや康夫ちゃんが長野県知事になってるなんて本人すら予測もつかなかったはずだ。思えば遠くへ来たもんである。

 

なんとなく、クリスタル (新潮文庫)
プレ・バブル期、日本が享楽的な時代へ突入しようという、楽観的な雰囲気にあふれていた時代が生み出した小説だと言えるでしょう。

田中康夫の真骨頂は、その流麗な文体とウィットに富んだ表現によるエッセイだと言われていますが、その評判を裏切らない程度の作品です。

当時の若者の世界観が「クリスタル」なんだ、という主張は主人公によって露骨すぎるほどに語られ、それがこの作品を小説だと呼べる代物にしている唯一の箇所かと思われます。

あとは、田中康夫がこだわる、セックスにおける女性のエクスタシーの問題もきちんと語られているところが、康夫節の原点だ、と思わせてくれます。

ただ、時代の証言としての資料的価値はあると思われます。

「なんクリ」の東京は今の東京ではありません。「なんクリ」東京はノスタルジーの中にしか存在しないのです。

80年代という時代を考えるには欠かせない必読の書といえましょう。

 

いまどき真っ当な料理店 (幻冬舎文庫)
社会評論家として一流と思います。この本も、評論としては面白いです。
ただ、いくつも実際に行ってみました。結構、大きな金額を使ったところもあります。
「?????」と思う場面が多く、偏った情報であるなあ、というのが正直なところです。

 

田中康夫 動画

道路特定財源にもの申す




人気動画


おでんくん ニセおでんくん登場2 理想ってなんですかの巻
悪魔 悪魔のショッカー
ドーベルマン ドーベルマンとシベリアンハスキーのミックス
スーパーマリオランド スーパーマリオランド - Low-tech Son with T.E.O.
ダブルキャスト アイドルマスター Wahrheit(妖精帝國) -伊織ダブルキャスト-
SUEZEN HARRY - Easy Come, Easy Go
未知との遭遇 2007年蘇我の旅、または未知との遭遇
ギンガイザー Robot Anime Ed Collection(1970)4
レインボーアイランド レインボーアイランド総編集その2
アメリ アメリヤシェルター誤爆 後編

田中康夫 情報